アニメなどを中心に様々な情報を発信

【ネタバレ無し】原作未読向けSAO3期 (アリシゼーション) 22話解説・考察

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

SAO3期(アリシゼーション)22話の解説を原作のネタバレなしでします。21話の解説はこちら

各話はAmazonプライムビデオ,  Hulu フジテレビオンデマンド(FOD) などで配信されています。見直し等される方は、参考までにどうぞ。(どのサイトも無料体験を利用することで一定期間タダで視聴可能。)

※上部のアイキャッチ画像は公式の14話予告より引用させていただきました。




 

 

ストーリー

 

今回はチュデルキン戦とソードゴーレム戦、シャーロットの死、カーディナルの登場という構成でした。アニメ勢の方々の反応を見ているとシャーロットって誰?といった具合でしたので、今回はそこを重点的にみていきます。(他にソードゴーレムについても言及します。)

シャーロットとは

シャーロットとはカーディナルが使い魔としてアンダーワールドに放っていた蜘蛛型監視ユニットのうちの一つです。アニメでも、中盤で少しばかり登場しており、原作のキャラがいきなり出てきたというわけではありません。具体的には主に以下の3つのシーンで登場していました。

  • 修剣学院でライオスらにゼフィリアの花壇を荒らされた際、キリトが謎の声によって励まされるシーン (声のみ)  ※8話
  • キリトらが図書館へ逃走するシーン。キリトらが脱獄後にカセドラル庭園内で整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティワンと戦い、エルドリエの記憶を呼び覚ましかけた際、2人は整合騎士デュソルバート・シンセシス・セブンに弓矢で襲撃され、キリトは足を射抜かれました。2人は必死に逃走しますが、その際キリトの前髪を引っ張って向かうべき方向 (カーディナルの大図書館への扉が存在する場所) を教えてくれました。※12話
  • キリトが図書館でアンダーワールドの歴史と現状をカーディナルから伝えられ、シャーロットが初めてキリトの前に姿を現すシーン (ここで初めてキリトは上記2項目の事実をカーディナルから知らされます。) ※13話

彼女がカーディナルから与えられた役割は、アドミニストレータを倒す上で強力な味方となってくれるような存在を探しだすことです。長い年月をかけようやくキリトという有望株を発見したシャーロットは、彼が無事央都セントリアへたどり着けるよう様々な面でサポートをしていました。そのサポートの様子は前述の通りアニメでもいくつか描かれていたというわけです。

アニメではシャーロットが活躍するザッカリア剣術大会というイベントが丸々カットされてしまっているので、シャーロットの存在はあまり印象に残らないものとなってしまいました。原作第10巻(の後半)ではシャーロットがちょっぴし活躍しますので、興味のある方は是非読んでみてください。

ソードアート・オンライン10 アリシゼーション・ランニング (電撃文庫) [ 川原 礫 ]

価格:
615円

(2019/03/17 19:05時点 )

感想:29件

ソードゴーレムについて

タイトルの通りまさに剣の巨人といった風貌で、最高司祭が神器級の剣を複数集めて、高度な神聖術によって殺戮専門のオートマトンとしたものです。ラースの最終負荷実験によるダークテリトリーからの侵攻に対抗するためにアドミニストレータが開発しました。整合騎士は単なる繋ぎ的な組織で、あまり当てにはしていなかったことが伺えます。

アニメの描写からわかる通り、中心には整合騎士の記憶改竄のために使用しているパイエティモジュールによく似た紫色の三角柱プリズムを埋め込んでおり、これを半ば動力源のような形で利用しています。詳細かつ具体的なソードゴーレムの動作メカニズムについては次回で多少語られるかもしれませんのでここでは深くは言及しません。ただ、尺的に言及されない可能性もあるので、その場合はまた次週考えます。

 

用語解説

 

  • セントラル・カセドラル

アンダーワールドを統治する行政機関、公理教会の最高本部。アドミニストレータによる支配の象徴。

  • 整合騎士

公理教会直属の騎士で軍隊兼警察組織。

  • ダークテリトリー

人界の向こう側、果ての山脈を超えた先にある領域。アドミニストレータの支配が及ばない地域。

  • 最終負荷実験

ダークテリトリー側の人間を人界に侵攻させて戦争を引き起こし、人工フラクトライトに精神的・肉体的負荷をかけることで、何らかのブレークスルーを得ようという実験。ラースが計画・準備している。

 

※1話から最新話までの用語については以下にまとめてあります。

SAO3期アリシゼーション用語集  (原作ネタバレ無し)

 

最後に

 

今回はアニメにおける原作カットの影響が結構出てしまった回であったかもしれません。シャーロットに関して詳しく知りたければ本当に原作を読んでくださいとしか言いようがないです。ただ、これ以降に関しては原作カットがアニメ勢の理解を妨げるみたいなことは基本的に起こらないので、きちんと毎話見ていれば問題ないはずです。

現在第22話、いよいよアリシゼーション編の前半部分である人界編(原作第9巻第14巻)が終わろうとしています。来週も楽しみですね。

それでは、また。

SAO3期 (アリシゼーション編) のグッズ紹介 (グッズ販売情報まとめ) についてはこちら

さっぽろ雪まつりSAOアリシ関連グッズの事後通販についてはこちら



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とある学生のサブカルNOTE , 2019 All Rights Reserved.