アニメなどを中心に様々な情報を発信

【徹底解説】AnimeJapan (アニメジャパン) とはどんなイベントか、5年連続参加の管理人が全てをお伝えします

2019/03/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

2019年3月23日から3月26日にかけて国際展示場(東京ビッグサイト)で AnimeJapan 2019 が開催されます。(25,26はビジネスデ―)

今回は今まで5年連続でAnimeJapanに参加してきた管理人が、豊富な経験を基にチケットの種類、展示、物販、混雑、待機列等について解説します。

 

 

イベントの概要

 

年に一度、東京ビックサイトにて2日間(ビジネスデーも入れると4日間)開催される日本最大級のアニメイベントです。(10:00開場~17:00まで、最終入場は16:30) アニメイベントと言われても漠然としすぎてよくわからないかもしれませんので、もう少し具体的に述べると以下のようになります。

アニメジャパンとは、展覧会・原画展・オンリーショップ、コスプレイベント、声優イベント・ライブ・トークショー、その他物販イベント等、ありとあらゆるアニメにまつわるイベントが全て結集したような総合イベント

要するにアニメに関することなら何でもあるよ、アニメジャパンとはそういったイベントなわけです。

 

チケット(入場券)の種類

 

チケットについては6種類存在しますが、AnimeJapan 2019に関してはすでにプレミアム入場券およびステージ応募権付き前売り入場券2種の発売が終了しておりますので、こちらではそれら以外の3種類について解説いたします。

※小学生以下は入場無料です。

前売り入場券

特にオプションのない、普通の前売り入場券です。発売は前日の3/22までで、価格は1800円。アニメイトオンライン・アニメイト実店舗、ACOS、ゲーマーズ、セブンイレブンなどで販売されております。当日券と比べて400円ほど安く、また、当日チケットを買うために並ぶといった手間も省けるので、極力当日券ではなくこちらを購入されることをオススメいたします。

当日券

当日会場にて販売される入場券です。価格は2200円と高くなりますし、お昼頃まではチケット買うだけでも入場待機列とは別枠でそこそこ並ぶことになりますので、あまりオススメできません。

ファストチケット

これは一般入場よりも先(9:30~)に会場に入れるチケットのことで、抽選です。今年は申し込み期間は3月9日10時~3月14日12時までとなっており、受付はCNプレイガイドのみです。チケットにはそれぞれ整理番号が付与され、その順番に入場していく形となります。したがってファストチケットを持っていたとしても、その番号次第では一般入場の先頭と大差ない可能性もあります。販売枚数に関してははっきりと明かされていませんが、おそらく一日あたり2000~2200,2300枚程度ではないかと言われています。

なお、ファストチケットを持っていた人が何らかの理由で遅刻して10時以降に来場した場合ですが、例年、基本的には一般待機列に強制的に並ばせるということはせずに、別の箇所から並ぶことなく会場に入れてくれているようです。

 

ステージについて

 

アニメジャパンでは、会場内にいくつかステージが設けられており、そこでトークショーやライブなどが行われます。観覧にはステージ応募権付き前売り入場券を購入して、希望のステージへ応募を行い当選する必要があります。(基本的に外からは見られません。) 当選の確率についてですが、少なくとも私と私の友人知人の経験からいって、1日分のチケットで応募可能なステージの数、すなわち5枠応募すればだいたい1枠は当選しています。ですので2日分のチケットで各日5枠ずつ合計10枠応募すれば、まあ2枠はだいたい当選するかなといった具合です。(もちろん人気のステージばかり応募した場合は全落ちという可能性もなくはないはずです。) 

ステージの応募は終了しました





なお、例年午前中の一部のステージに当選された方は、ステージ入場といって、一般待機列とは別に、並ばずして特別枠としてステージに直接入場することができます。ステージが終了すると、そのまま会場内で解散となりますので、待機列に並び直す必要はありません。つまり、このステージ入場の場合、ステージの観賞時間で多少出遅れはするものの、一般待機列に並ぶことなく午前中に会場に入れてしまうというわけです。

ステージ入場の対象となるステージ及び、その具体的な集合場所・時間に関しては、公式サイトの該当するページに記されていますので、そちらを参照してください。

 

出展エリア (各企業ブース) について

 

AnimeJapan 2018 企業ブースの様子

出展エリアには企業ブースがポツポツと点在していて、そこで展示や物販、参加型のイベント、ミニトークショーなどが行われているといった感じです。後者2つに関しては基本的には決まった時刻に整理券を配布して、それで混雑対策としているところがほとんどです。この整理券はブースにもよりますが、自分の経験からいくと、だいたいどこも速攻でなくなります。なので、整理券を取りに行く場合は誰かと連携した方が良いかと思われます。

具体的な出展企業についてはこちらで確認できます。

 

その他エリアについて (コスプレエリア・フードパーク等)

 

エリアマップ→ https://www.anime-japan.jp/about/floormap/

コスプレエリアとフードパークはどちらも東7・8ホールにあり、例年人でごった返した東1~6ホールに比べると、比較的落ち着いているかなといった印象です。特に用がなくても一息つくには結構いい場所と個人的には思っています。

コスプレエリア

東8ホール屋内が屋内コスプレエリアとなり、東8ホールの外が屋外コスプレエリアとなります。コスプレの有無に関わらず誰でも往来自由です。撮影に関しては基本ワンフェスやコミケと同じ感じですが、囲いになるのは時間が押してきた閉会間際くらいで、コミケほどカメコやレイヤーの数は多くないかなという印象です。

フードパーク

様々なアニメとのコラボメニューが食べられるエリアです。今年に関してはまだメニュー等については発表されていないようなので、公式からのアナウンスを待ちましょう。ちなみに、テーブルの確保ですが、時間帯にもよりますが正直結構厳しいです。やはりグループや集団で上手くやりくりするのがいいかと思われます。

なお、AnimeJapan 2019 に限って言えば、東8ホールにはこれら以外にも、アニメジャパンオフィシャルグッズの販売コーナーや、先日実施されたアニメにしてほしいマンガランキングの投票結果の発表ブースなどが併設される予定のようです。

 

待機列について

 

10時頃の東駐車場待機列の様子 (AnimeJapan 2017)

アニメジャパンの一般待機列は原則全て東駐車場のみです。なので、一般待機列を目指す場合一つ隣りのりんかい線東雲駅から歩いても、りんかい線国際展示場駅から歩くのと大して距離は変わりません。西ホール側に待機列等はありませんので注意してください。また、チケットを未所持で当日券を購入される場合は、まず先に当日券売り場に行ってチケットを買ってください。未購入の状態で並んでも入れません。当日券売り場は例年東駐車場と東西連絡ブリッジの西側にあります。

東西連絡ブリッジの西側にある当日券売り場 (AnimeJapan 2017)

待機列が解消して入場フリーになるのは例年だいたい12時~12時30分頃です。ただ、もちろん当日の状況によって多少は変わってくる思います。

 

物販関係について

 

物販については2週間前くらいになるとだいたい一通りどこの企業も情報を出してきます。現時点で判明している情報は以下にまとめられていますので、そちらを参照してください。

アニメジャパン 2019 (AJ2019) 物販情報まとめ (随時更新)

物販の完売する時間については、これはもう、物によるとしか言えません。ただ、ファストチケット組で全て売り切れたみたいな話はあんまり聞かないです。大手でもお昼まで結構残っていたりします。昨年自分は2日目の午後にufotableブースに行きましたが、fate HF の原画集は普通に買えました。どこも完全会場限定のもの以外は意外と残っていることが多く、楽観はできませんが、正直コミケの企業ブースほど完売は早くないです。

 

最後に

 

以上、自分の5年間の経験を基に、アニメジャパンについて紹介させていただきました。今年参加を検討されている方々の参考になれば幸いです。当日はみなさん楽しんでいきましょう。

それでは、また。



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とある学生のサブカルNOTE , 2019 All Rights Reserved.